■コンテンツメニュー

各種助成金制度

◆学会等助成金制度

■石川県コンベンション誘致推進事業補助金

国内コンベンション最大400万円、国際コンベンション最大700万円の支援! さらに、大規模コンベンションの場合には、追加補助(上限50万円)やバス補助(上限100万円)があります。
対   象 北陸地域(石川県、富山県及び福井県)を超える規模のもので、県外参加者100人以上、連続2日以上の会期の学会、大会、会議。
※展示会、スポーツ大会、コンクール、イベント、コンサートは対象外。
また以下に該当するコンベンションは、補助対象外。
(1)宗教活動、政治活動を目的とするもの。
(2)営利を目的とするもの。
(3)公の秩序又は善良な風俗を乱すおそれのあるもの。
(4)国又は地方公共団体が主催、或いは運営に関与するもの。
(5)国又は地方公共団体から補助金等の交付を受けるもの。
   ただし、県内の自治体がこの要綱と同様の趣旨で交付する補助金を除く。
(6)開催順序が予め定められている持ち回りのもの。
(7)本県で連続開催されるもの。
(8)その他補助金の交付が適当でないと認められるもの。
国際
コンベンション
要件
以下の3つの要件をすべて満たすこと。
・外国人が20名以上参加すること。
・参加者募集を日本国外に対しても行っていること。
・開催地が複数国間で交代するものであること。或いは臨時的に1度切りの開催であること。
補 助 金 額 (1)基本補助(下記「補助金額」参照)
(2)バス補助:バス借上げ費用の1/3(上限100万円) ※県外参加者1,000人以上のコンベンションが対象
(3)追加補助:1,000円/人(上限50万円)
※金沢市を主会場とする県外参加者1,000人以上のコンベンションで、加賀・能登エリアに宿泊する場合。
ただし加賀・能登宿泊のためのバス助成を受ける場合は適用不可。
申 請 時 期 29年度開催分については、平成28年9月末まで要望書を提出する必要があります。

補助金額単位:万円
県外参加者人数(人) 国内 国際   県外参加者人数(人) 国内 国際
100〜 199 8 100 2,600〜2,699 208 700(上限)
200〜 299 16 140 2,700〜2,799 216 700(上限)
300〜 399 24 180 2,800〜2,899 224 700(上限)
400〜 499 32 220 2,900〜2,999 232 700(上限)
500〜 599 40 260 3,000〜3,099 240 700(上限)
600〜 699 48 300 3,100〜3,199 248 700(上限)
700〜 799 56 340 3,200〜3,299 256 700(上限)
800〜 899 64 380 3,300〜3,399 264 700(上限)
900〜 999 72 420 3,400〜3,499 272 700(上限)
1,000〜1,099 80 460 3,500〜3,599 280 700(上限)
1,100〜1,199 88 500 3,600〜3,699 288 700(上限)
1,200〜1,299 96 540 3,700〜3,799 296 700(上限)
1,300〜1,399 104 580 3,800〜3,899 304 700(上限)
1,400〜1,499 112 620 3,900〜3,999 312 700(上限)
1,500〜1,599 120 660 4,000〜4,099 320 700(上限)
1,600〜1,699 128 700(上限) 4,100〜4,199 328 700(上限)
1,700〜1,799 136 700(上限) 4,200〜4,299 336 700(上限)
1,800〜1,899 144 700(上限) 4,300〜4,399 344 700(上限)
1,900〜1,999 152 700(上限) 4,400〜4,499 352 700(上限)
2,000〜2,099 160 700(上限) 4,500〜4,599 360 700(上限)
2,100〜2,199 168 700(上限) 4,600〜4,699 368 700(上限)
2,200〜2,299 176 700(上限) 4,700〜4,799 376 700(上限)
2,300〜2,399 184 700(上限) 4,800〜4,899 384 700(上限)
2,400〜2,499 192 700(上限) 4,900〜4,999 392 700(上限)
2,500〜2,599 200 700(上限) 5,000 〜 400(上限) 700(上限)

■金沢市コンベンション誘致推進事業補助金

上記石川県の補助金額欄の(1)(2)について、石川県の補助金額の1/2を補助します。(金沢市内で開催されるものに限る)
※石川県と重複可能。
学会開催助成金要望書データ

■県内各市学会等開催助成金(1人あたり)

※それぞれに限度額あり
  国際学会 全国学会 地方学会 要望・申請書提出期限
国外参加者 国内参加者
小松市 (1泊単価) 5,000円 2,000円 500円 300円 開催の2週間前
白山市(1泊単価) 5,000円 500円 最終宿泊日より30日以内
加賀市(1泊単価) 3,000円 700円 開催前の2週間前必着
(土日祝含まず)
能美市(1泊単価) 1,500円 500円 開催の1か月前
七尾市(1泊単価) 2,000円 1,000円 開催の30日前
輪島市 3,000円 2,000円 1,000円 コンベンション終了より30日以内

◆金沢MICE促進事業費補助金制度

内容

金沢市内に主な会場を置くMICE(学会や大会のレセプション等)で金沢の伝統芸能を披露する場合の出演料及び金沢版クラフト・ツーリズム※1を実施する場合の費用、同時通訳の実施に関わる費用(金沢歌劇座・金沢市文化ホール・金沢市アートホールで実施する同時通訳にかかる費用は「同時通訳会議等開催費補助金制度」にて対応)を補助します。

対象となるMICE

  1. 金沢市学会開催補助金の交付対象となる学会

  2. 次の要件を満たす大会・会議
    (営利を目的としない各種組合又は団体が主体となり、その構成員等を対象として開催する、特定の課題に対して意見の発表又は及び討論をするための集会)
    ア. 参加対象地域が北陸地域以外の地域を含んでいること
    イ. 参加人数が100人以上であること

  3. 次の要件を満たす企業ミーティング
    (企業、企業グループ等が主体となり、その構成員等を対象として開催する各種会議、研修会、セミナー、式典等の集会)
    ア. 参加対象地域が北陸地域以外の地域を含んでいること
    イ. 参加人数が50人以上であること
    ウ. 市内で連続2日間以上の会期が設定されていること
    エ. 市内の会場でレセプション等を実施すること
補助額は対象経費の3分の2以内で限度額は50万円※2

対象となる伝統芸能、伝統文化、シャトルバス及び同時通訳制度

〔伝統芸能〕
金沢素囃子(一調一管、清元、長唄などを含む)・加賀宝生能(狂言、仕舞などを含む)・加賀獅子舞・加賀万歳、奴行列などの金沢市指定の伝統芸能に限ります。

〔伝統文化〕
加賀友禅・金沢漆器・九谷焼(金沢九谷に限る)・金沢箔・加賀繍・金沢仏壇・金沢の希少伝統工芸(大樋焼、加賀象嵌、茶の湯釜、桐工芸、郷土玩具など)、金沢の伝統的な食文化で、市長が適当であると認めるもの。

※次の条件を満たす必要があります。
対象となるMICE参加者のうち20人以上が、伝統芸能披露又は金沢版クラフト・ツーリズムに参加し、かつその半数以上が石川県外から参加するものであること。
伝統芸能の詳細はこちら

〔シャトルバス〕
シャトルバス(市内の会場、宿泊施設、公共交通機関ターミナル等を往復するバス等)の運行費、シャトルバス運行に係る警備員等の人件費及び案内看板等の作成・設置費等の1/3(上限額50万円)を補助。

※次の条件を満たす必要があります。
参加人数が2,000人以上で、かつ会場が市内で分散するもの(学会等は除く。)
(学会等については、学会等開催補助制度にて助成あり。)

〔同時通訳費用〕
同時通訳者の報酬・交通費等にかかる費用の1/2を助成(限度額15万円)
同時通訳設備の仮設・オペレーティング等※3にかかる費用の全額を助成(同時通訳設備の使用料は除く)

※1 金沢市の区域内における工芸施設、工房等において、金沢の伝統文化の体験又は見学を行うもの
※2 伝統芸能30万円・クラフト20万円
※3 同時通訳のブース、通信設備(専用マイク、レシーバー等)の仮設オペレーティング、同時通訳設備の設置・調整や、マイクのスイッチング操作など
金沢MICE促進事業申請データ

◆金沢市同時通訳会議等開催費支援制度

金沢歌劇座、金沢市文化ホール又は金沢市アートホールにおいて、同時通訳を行う会議等の開催に要する費用を支援します。
この制度に関するお問合せは、金沢市文化政策課 TEL(076)220-2442まで、直接ご連絡下さい。

対象

金沢歌劇座、金沢市文化ホール又は金沢市アートホールにおいて、同時通訳設備を用いて行う会議や学会、講演会など。

補助・負担額

  1. 同時通訳者の報酬及び交通費、その他同時通訳を行うために必要な費用の1/2。
    ただし、10,000円未満の端数があるときは、これを切り捨てた額とし、限度額は15万円。
  2. 同時通訳設備の仮設・オペレーティングに係る費用の全額。(同時通訳設備の使用料は除く)
金沢市同時通訳会議等開催費支援制度のご案内(PDF/118KB)

◆貸付金制度

  • 貸付金額 開催予算額の20%以内
    (但し、100万円以上で300万円を限度)
  • 貸付利息 無利息
  • 貸付期間 2年以内

◆視察調査旅費補助制度

対象

開催地が決定していない学術会議や各種大会の開催地を決定する権限を持つ主催者

補助額

交通費と宿泊費を合計した額で、1人当たり3万円まで
(1学会につき3名まで)